WEBカメラを使う

2012-07-13

ライブチャットサイトで働くチャットレディは、あくまで仕事としてやっています。
男性会員と上手にコミュニケーションをとって楽しんでもらい、親密になって次回も期待と思ってもらうことが収入につながります。
ここで、男性には個人的に好意や恋愛感情を持ってもらえているのでは?と勘違いしてしまいやすいのです。
原則として、サイトの規約には男性会員とチャットレディの恋愛や個人情報の交換などは禁じています。
重大なトラブルを招いたり、サイトの売り上げが落ちる可能性があるからです。
しかし、何事も例外というものは存在します。
男性会員とチャットレディが連絡先を交換し合い、実際に会うようになり、恋愛に発展するといったケースも少数ではありますがなくはないようです。
男性会員は、チャットレディに故意をしたりお気に入りの娘を口説いたりしてしまいがちですが、多くは失敗に終わります。
ですが、1人の女の子に何度かインして打ち解けるようになると、チャットレディも女性として男性会員を見るようになることも稀にあるのです。
その場合、WEBカメラをまず使っていることがほとんどだそうです。
相手の男性の姿が見えることで、チャットレディも安心できるからでしょう。
逆に、顔も分からない相手と会おうと考えることはまずないといっていいでしょう。
そうして、根気良く何度もチャットを重ねます。上手く仲良くなれたら、いよいよメアドや携帯番号などを聞き出します。
これが成功するならば、その段階でもうほとんど実際に会うことは可能となるでしょう。

関連記事一覧