2月, 2012年

弱小ライブチャットサイトは避ける

2012-02-07

ノンアダルトからアダルト、フェチ、熟女系まで、ライブチャットにはかなり様々なサイトがあるが、始める大前提としては「会員数・登録女性数が多いサイトを選ぶ」ことが大切だ。

「登録数が多いサイト=沢山の女性の中から好みの女の子が選べる」というメリットは勿論だが、登録数の多い大手サイトがおすすめなのは、他にも理由がある。

ここ3~4年、ライブチャットがメジャーになるにつれて、有象無象のサイトが登場して来たが、弱小サイトの場合は中々人が集まらず、閉鎖してしまう危険性がある。折角ポイントを買っておいたのに、ある日サイトを訪問したら突然閉鎖されていて、お気に入りの女の子とも連絡がつかない…なんて事がありうるのだ。

こういう事を避けるためには、登録前にそのサイトの信頼度をしっかり調べるべし。何年程継続して運営されているのか、会員は多いのか、サイトは頻繁に更新されているか…などを見れば、何となくそのサイトが「生きた」サイトなのかどうかが分かってくるだろう。

女の子の写真が少なかったり、待機映像が出なかったり、更新されないサイトはとにかく要注意。

ライブチャットを楽しむからには、イキのいい活発なサイトに参加する事をおすすめする。

春はライブチャットの狙い目

2012-02-07

春は出会いの季節だとは良く言うが、素人の女の子とライブチャットを楽しみたい時におすすめのシーズンでもある。
特におすすめなのは、早春の2月末~4月頭にかけて。
この時期は卒業・入学・就職等の節目で、今までの仲間と別れて何となく淋しい気分になった女の子がライブチャットに参加する事が多い。

淋しさだけが動機だけではない。
初めて親元を離れた開放感、ちょっと大人の階段を上りたい刺激的な気分…そういった気持ちが女の子の背中を押すのだ。
この時期増えるのは、若い子の場合は特にノンアダルトチャットが多い。
「大人の男の人と刺激的な会話がしてみたいけれど、エッチなのはちょっと…」と思っている子がほとんどなので、この時期の新人ちゃんには、特に紳士的な態度で接することをお勧めする。

ちなみに、この時期増えるのは若い新人ちゃんだけではない。
夫の単身赴任、子どもの進学・就職で開放されたマダム世代もどっと増えてくる傾向にあるのだ。
いままで夫や子どもの世話中心だった生活が一変して、自分の中の「女」を見つめたいマダム達。
こちらも最初はノンアダルトな会話を希望している事が多いが、マダム達の場合は、会話をしながら上手に女の部分を引き出して行くと、思わぬ色気を発してくれる事があるので、場合に寄ってはアダルトな側面を見せてくれるかも知れない。

若い子であれマダムであれ、新人ちゃんは初めてライブチャットした男性を大切に思ってくれるもの。
じっくりとライブチャットを楽しみたい人は、是非春の時期を狙って行こう。

ツイッターを活用

2012-02-07

最近のライブチャットは、ツイッターで様々な情報を流している事が多い。
女の子達の新着コメントをリアルタイムでチェックしたり、最新のイベント情報を知る事ができるのでとても便利だ。

こういった情報はもちろんライブチャットのサイト自体にも載っているが、慣れてくると、サイトを開いても直接お気に入りの女の子のページをチェックするようになったりして、細かい所まで見なくなってしまう事が多い。そうなると貴重なイベント情報を逃してしまったりする。ツイッターで情報をリマインドしてもらえるのは、常連ユーザーにとって有り難い事なのだ。

もちろん、初心者にとってもこういったサービスは有り難い。
初めてライブチャットのサイトを見ると、女の子の写真やシステム、イベント…膨大な情報量に圧倒されて、どの子と話したら良いのか分からなくなってしまう事もある。ツイッターで女の子の写真やコメントをじっくりチェックして、改めてアクセスするのも一つの方法だ。

ツイッターはケイタイやスマホから手軽にアクセス出来るので、通勤時や移動中にさりげなく情報をチェックするのにも良い。ツイッターと言うとこちらから発信しなければいけないイメージがあるが、実際には情報チェック専門に使っている人も多いとか。気になる人は、アカウントを作って体験してみてはいかがだろうか。